日焼け止めの表記、pa値は何を意味しているのか

日焼けは紫外線を浴びるすぎることで発生する現象です。紫外線には日焼け止めだけでなく、活性酸素を発生させて肌のたるみやシミを発生させる作用もあります。紫外線は年間を通じて降り注いでいます。ですからそのダメージから体を守るためには、年間を通じて日焼け止めを利用することが必要です。ところで日焼け止めには、主にはふたつの表記がされています。まずはspf値で、これは簡単に言うと、その数値の分だけ日焼けが始まる時間を遅らせることができると言うことを示しています。そしてもうひとつの値がpa値です。これは紫外線の内、a波に対する防御力の高さを示している表記です。紫外線a波は、日焼けに大きく関係している紫外線b波に比べると、強さはそれほどないのが特徴です。しかし波長が長いことから、肌の奥深くにまで到達して、肌弾力を構成している細胞などを深く傷つける作用があると言われています。そのため、紫外線の中でも特に美容に対して望ましくない影響を与える紫外線だと言うことができます。paの後には+マークが1~4個、続いていますが、これはその数が多ければ多いほど、紫外線a波に対しての防御力が高いと言うことを意味しています。たとえば日差しが強い夏場に長時間、屋外で活動をすると言う時などは、+マークが4個、表記されている日焼け止めを利用するのがベストです。少しだけ外出するとか、日差しがそれほど強くない冬場や曇天時などでも、+マークは2~3個、あるものを選ぶのが望ましいと言われています。また紫外線a波は、その波長の長さゆえ、窓ガラスを通過して室内にも降り注いでくる紫外線です。よって外出をしないと言う日も、pa値を意識して日焼け止めを使用した方が美容のためです。最近は日焼け止めサプリが人気ですね。